2014年10月

2014年10月28日

今年も秋の味覚が届きました


          ~ 今年も友人の鈴木さんから鮎が ~

  こんなにたくさんの鮎がさ~てと甘露煮作りますよ~
 写真 (43)
 りっぱな鮎でしょう・・・・埼玉県で住宅街を流れる清流で釣れる鮎
 鮎さんに感謝しながらさ~てと
 ①内臓を取り丁寧に洗い拭く{この鮎は内臓処理済みだよ}
 ②焼き鮎を作る・・・・「素焼きだよ」
 写真 (44)
 *焼き鮎を作ったら私は一晩寝かせます
   煮崩れを防ぐためと香ばしさがでるためそして生臭みを取る為
 
 ③さ~寝かした鮎を大き目のお鍋で煮ていきますよ~
  お鍋の底に私はクマザサの葉をしき鮎を並べていきます。
  まとめてたくさん作りますので何段か重ねていくのですが一段ごとに
  笹を敷きその上に鮎を重ねてゆきます。
 
 ④紙蓋をするのですがキッチンペパーに真ん中の真ん中に切れ目を
   入れて使います。「煮こぼれをふせぐ為だよ~」
   紙蓋をしたら蓋の上からそっとひたひたのお水を注ぐ

 ⑤大き目の梅干2個と千切りにした生姜を紙蓋をあげ入れる。
   番茶をお茶袋に入れお鍋に・・・これも紙蓋のしただよ~
   *調味料は好みの分量で・・・醤油とか砂糖なんかはまだだよ。
   ガスに火をつけこのままの状態で弱火で役2時間ほど煮ます。

 ⑥調味料を加えていきますよ。
   お酒・みりん・醤油・・・1・1・1  「例お酒大5・みりん大5・醤油大5」
   ざらめもしくは黒糖は1.5
   *お醤油以外のものを入れる・・・ことこと水が少なくなるまで役3時間
     ここでまた1晩寝かせます。

 ⑦火を入れ温まってきたらここでお醤油を加えます。
   ことこと水気がなくなるまで煮ていきます。
 写真 (1)
 中骨までほろほろになり出来上がりだよ~ばんざい
 約3日ががりで完成だよ~

 鈴木さんに感謝だね・・・・ありがとうございました。

 白井さん家の栗だよ~2種類あるぞう~
 IMG_20141008_194143

   立派な栗でしょう・・・焼き栗にして栗おこわ作りましたよ。
 *焼き栗の作り方
  栗を一個ずつアルミホイルに包みグリルで焼く。
  パチパチとはじける音がしたら出来上がりだよ~
  ぜひ作ってみて下さいね。香ばしくて美味しいよ~


                              by  みさよ




tanestyle at 01:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月05日

種子島でのイベント無事に

                ~ 台風の合間でのイベント ~
 
 先日の台風17号も無事に種子島を通過イベントの日27日は
 午前中は大雨でも午後からは雨も上がり大勢の皆さんが会場に
 DSC08141 
  中種子町 町長 川下 三業さんも駆けつけて下さいました 

 DSC08120DSC08524
 会長 笹川二成・事務方高田博彰 ・笹川満夫・みさよの名コンビ   
 DSC08525
あかおぎ民謡研究会&笹川 満夫「種子島かもんね音頭」でスタート
 
 DSC08526
  たねっこ合唱隊「お山の公園」今回体調不良で種子島行きを
  断念せざるをえなかった作詞家の真下 準先生と作曲家山本寛之
  先生の作品を見事に歌いきりました。
  真下先生からもメッセージが・・・天使の歌声でした。

 DSC08528
    鹿児島県無形文化財「天吹」奏者 川上 久志
 DSC08221
 いつもはギターを弾きながらですが 山本寛之「野風増」
 
 DSC08229
  艶やかな 喋喋のお着物で三船和子「他人舟」
 
 DSC08531
 あかおぎ民謡研究会&菅原やすのり「日本よいとこお祭り音頭」
  DSC08529DSC08530
  DSC08316DSC08291 
  DSC08395
ちゃっかりインタビュー・・・みさよのふるさと最高と言って頂きましたよ

 DSC08532
 とにかく可愛らしいたねっこ合唱隊を中心に会場の皆様とご一緒に
 「ふるさと」でお別れでした。
 約2時間30分会場の皆様と一体となったコンサートで約850人もの
 お客様が会場に足を運んで下さいました。
 スタッフ・ボランティア皆様ありがとうございました。

 当日の様子は動画にて配信しますのでお楽しみに。
 コンサート以外の珍道中後日ブログにてお知らせしますよ。

 東京からも応援隊が7人も・・感謝ですね。
 このイベントに併せお母様を連れて行きたいと東京から応援に
 ありがとうございました。

                                         by   みさよ
 


 


 
 

 

tanestyle at 03:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)